PGSホーム情報まとめ

月別: 2018年2月

PGSホームのスーパーチタンプロテクト

1983年から長きに渡って住宅リフォーム工事を行ってきたPGSホームですが、現在では関西エリアだけでなく関東や中京エリアにも商圏を広げています。全国の至るところで工事を行っていますし、現在でもなお発展を続ける将来性豊かな企業と言えるでしょう。テレビコマーシャルやメディアで取り上げられることも少なくありませんし、知名度、認知度共に抜群の企業です。ここでは、そんなPGSホームの事業内容についてご紹介したいと思いますが、もっとも代表的な工事の一つである住宅ペイントについてお伝えしましょう。

PGSホームは住宅ペイント、すなわち住宅塗装工事も手掛けています。建物の塗装はいつまでも持つものではありませんし、年月が経つにつれて劣化は進んでいきます。劣化したまま放置しておくと外部からの浸水を招く恐れもありますし、何より外観の見た目が良くありません。放置しておけばおくほど状況は悪くなってしまいますから、なるべく早く対処することが浸食を食い止めるためには大切なことです。PGSホームはこれまであらゆる建物のペイント工事を行ってきましたし、幅広い対応力と技術力で数多くの工事をこなしてきました。

PGSホームが行う住宅ペイント工事の特徴として、スーパーチタンプロテクトが用いられていることが挙げられます。このスーパーチタンプロテクトはPGSホームが独自に開発した塗料で、光触媒仕上げ塗料とも呼ばれています。従来の塗料に比べてあらゆる面で優れており、防水性や防カビ性、抗菌性があるほか汚れを防ぎ埃がつきにくいというのも大きな特徴です。紫外線を約70%カットできるという実験結果もありますし、紫外線による外壁の劣化を防ぐことも可能でしょう。

PGSホームが使用しているスーパーチタンプロテクトは柔軟性があるためさまざまな外壁材に使用することが可能です。塗料によっては外壁材を選ぶこともありますが、PGSホームの光触媒塗料だとそのようなことはありません。サイディングはもちろんシーリングにも使用できますし、タイル外壁の目地にも光触媒作用が機能します。住宅をより長持ちさせることができる塗料として注目を集めていますから、今後PGSホームのスーパーチタンプロテクトはさらに注目を集めるでしょう。同社の住宅ペイント工事は事前に綿密なミーティングを複数回行いますし、すぐに工事を開始することもありません。じっくりと検討してから工事するかどうかを決められます。

    0 Comments

防水工事を得意とするPGSホーム

どんな建物でも防水工事は行われます。防水をしていないと外部から建物内に水が入ってしまいますし、躯体にダメージを与えてしまいます。木造建築物だと水が原因で構造体に大きなダメージが加わることも珍しくありませんし、そのまま放置しておくとどんどん建物の寿命は短くなってしまうでしょう。外から見えるダメージについては修理もしやすいものですが、内部から浸食が進んでいくとなかなかそうもいきません。建物を長持ちさせるためにも防水工事は絶対に必要ですし、確かな技術できちんと工事してもらう必要があります。

大阪市東成区を拠点に全国で建築・建設工事を行っているPGSホームでは防水工事も手掛けています。PGSホームが防水工事を行うときには、どうして防水が必要なのか、なぜ工事をしなくてはいけないのかをまずクライアントに説明します。それを理解しないことにはクライアントの不安を解消することはできませんし、満足度の高い工事を提供することもできません。どうして今防水工事をしなくてはいけないのかをきちんと説明し、クライアントが納得いって初めて工事を行うようにしています。

そもそも防水の寿命がどれくらいなのかということですが、防水寿命は一般的に10~15年程度と言われています。しかし、これはあくまで目安ですし、場合によってはもっと早く寿命がきてしまうケースもあります。建物によって防水の状態は異なりますから、まずは防水の状態をしっかりと確認しなくてはなりません。PGSホームでは事前に綿密な診断も行っていますし、状況をきちんと把握したうえで工事を始めるようにしています。素人が見ても分からないような防水の破損についてもPGSホームの職人なら見抜きますし、その時々に応じたもっとも適切な工事を提案します。

PGSホームのYouTube動画を見る

PGSホームではクライアントの要望をきちんと聞きつつそれに応じた最善の提案をするよう心がけています。防水工事をしたいものの予算がない、という方もおられるでしょうが、PGSホームでは予算に応じた工事もできますからそこが魅力的な部分でもあります。一口に防水と言ってもさまざまな工事の方法がありますし、PGSホームではこれまでに培ってきた豊富なノウハウでそのシーンにマッチした工事をチョイスしてもらえるでしょう。だからこそ多くのクライアントから高く評価されていますし、リピーターもたくさんついているのです。建物を守る防水工事ならPGSホームが責任を持って最後まで工事をしてくれるでしょう。

    0 Comments

豊富なノウハウが自慢のPGSホームの屋根工事

住宅の屋根は永久に持つものではありません。外壁と同じように屋根はどんどん劣化していきますし、もっとも傷みやすい部分と言っても過言ではないでしょう。常時雨風に晒されてしまうような部分ですし、日常的に紫外線も浴びているのですから劣化しないわけはありません。屋根が劣化してしまうと雨漏りの原因になってしまう恐れもありますし、そこから屋根の下地材にダメージを与えてしまうこともあります。屋根の下地材が浸食されてしまうと瓦の重みに耐えられなくなることもありますし、どんどん耐久性が落ちてしまう恐れもあります。

屋根の色が白っぽく色褪せているような状態だと既に寿命が近づいている証です。このような状態だと少しでも早く屋根のリフォーム工事を実施したほうが良いでしょう。PGSホームはこうした屋根のリフォーム工事にも強い会社として知られていますし、大阪や名古屋、東京などさまざまなエリアでリフォーム工事を手掛けています。もともと大阪を拠点に事業を行っていたのですが現在では全国に手を広げていますし、業績も順調に伸ばしています。PGSホームはあらゆる住宅リフォームを手掛けていますが屋根工事にも強く、これまで数多くの屋根工事を行ってきました。

PGSホームの強みは屋根工事の実績が豊富ということです。これまでにPGSホームはさまざまな建物の屋根工事を手掛けてきましたから、どこにも負けないノウハウがあります。経験に基づいて培ってきたノウハウは強みですし、経験とノウハウを融合させた高度な屋根工事を実践してもらえるでしょう。一口に屋根と言ってもさまざまな形状がありますし、下地やその時々の状況に合わせた工事が必要となります。PGSホームならさまざまな建物の屋根工事を手掛けてきた経験があるためどんな工事をすればいいのかすぐに答えられるでしょう。

屋根のメンテナンスをしっかりしないと雨漏りをはじめとするさまざまな弊害を引き起こしてしまいます。住宅そのものの寿命すら短くしてしまう恐れがありますから注意しなくてはなりません。PGSホームは屋根のメンテナンスや寿命を延ばすためにどうすればいいのかについてもきちんとレクチャーしていますし、その時々にもっともマッチした工事を提案してくれます。親身になって相談に乗ってくれると評判ですし、そこがクライアントから高く評価されている部分でもあります。今後もこうしたスタンスを崩さない限りPGSホームはさらにクライアントを増やし続けていくでしょう。

    0 Comments

PGSホーム自慢のセラチタンを用いた工事

外壁塗装をはじめさまざまな住宅リフォーム工事を行っているPGSホームは大阪市東成区を拠点に企業活動を続けています。1983年に創業したPGSホームは長年住宅リフォーム業に携わってきましたし、経験に基づいた実績が大きな自慢と言えるでしょう。クライアントに寄り添って最善のリフォーム工事を提案する姿勢に定評がありますし、このスタンスを押し通してきたことで業界でも名を挙げてきました。現在では大阪だけでなく関東圏や東海エリアでも数多くの工事を手掛けるようになりましたし、順調に事業の規模を大きくしています。

住宅の塗装工事はPGSホームが得意とする工事の一つですが、驚異の新素材と言われるセラチタンを用いた工事が人気を集めています。さまざまな特徴と魅力があるセラチタンは建物の外装を新築当初のように蘇らせることができると話題ですし、一度の手入れで長期間メンテナンスが必要ないというのも魅力的な部分です。また、見た目だけでなく断熱効果のある素材ですから夏は涼しく冬は暖かいですし、防音効果も期待できるなどまさに驚異の新素材と言って差し支えないでしょう。居住性をより快適にしてくれる新しい塗料です。

PGSホームのセラチタンを用いた塗装工事は人気がありますし、これまで大勢のクライアントの建物に工事を行ってきました。もちろん、PGSホームではセラチタンのみの工事を行っているわけではありませんし、ほかにもさまざまな塗料を使った工事が可能です。塗装工事についてもいきなり工事をスタートさせるのではなく事前の診断や打ち合わせなどもしっかりと行っていますし、クライアントに寄り添った工事を提供するのがPGSホームのモットーです。

従来の弾性塗料だと年月が経つにつれてひび割れを起こすことが多いのですが、PGSホームが使っているセラチタンだと微弾性のためクラックが起きにくいというメリットもあります。長持ちしますからメンテナンス性が良いですし、長きに渡って美しい外観を保持できるでしょう。また、光触媒仕上げのため汚れがつきにくいのも特徴でありメリットです。高級感ある仕上がりにすることができますし、ご近所の住宅と差をつけたいと考えている方にもピッタリの素材ではないでしょうか。PGSホームのセラチタンは今後も多くの住宅塗装工事で使用されるようになるでしょうし、いずれはスタンダードとなるかもしれません。今から注目しておいて損はないでしょう。

    0 Comments

セラフレッシュを用いたPGSホームの工事

より良い住環境を提供したいという気持ちで事業を進めているのがPGSホームです。創業以来クライアントからの信頼を得ることをモットーに工事を行ってきた経緯がありますし、その過程で発展を遂げてきたのは言うまでもないでしょう。お客さんから信頼を得ることを喜びとしていますし、それが活力となってさらなる発展に繋がっています。クライアントに喜んでもらうことが何よりの励みだとPGSホームの代表も語っていますし、現在でもその考え方は変わっていません。だからこそ多くの方がPGSホームで工事を行っているのでしょう。

PGSホームが本社を構えているのは大阪市東成区です。商業の街、商人の街として有名な大阪で事業を成功させるというのはそれほど簡単なことではありませんし、血のにじむような努力も必要となるでしょう。多くの企業が生まれては消えていきますし、特に住宅リフォーム業界ならなおさらです。1983年に創業したPGSホームもずっと日のあたる場所ばかりを走り続けてきたわけではありませんし、当然厳しい時代もありました。しかし、そんなときでもまず考えるのはクライアントに喜んでもらいたい、信頼してもらいたいという気持ちです。それがあったからこそ今の同社があるのでしょう。

あらゆるリフォーム工事を手掛けているPGSホームですが、住宅塗装工事はもっとも得意とする工事の一つです。同社の塗装工事は独自開発した塗料も用いていますし、ほかにもさまざまな新素材の塗料を使用していることで知られています。新素材セラフレッシュは内外装用の吹き付け材で、色彩豊かなカラーバリエーションが人気となっています。さまざまなカラーバリエーションに対応していますし、個性的な住宅に仕上げることも十分可能でしょう。また、セラフレッシュは防カビ効果に優れていることも人気の理由です。

モルタルやコンクリート、ALCなどさまざまな下地素材に対応しているのもセラフレッシュの特徴です。あらゆる建物の内外装に使用することが可能ですし、そこが高く評価されている部分でもあります。外装に使用すると見た目を大きく変化させることができますし、しかもクラックが起きにくいなど耐久性も問題ありません。PGSホームはセラフレッシュを用いた工事の実績も豊富ですし、経験に基づいた確かな実績とノウハウがあるため安心して工事を任せることができるでしょう。ベストな提案と質の高い工事がPGSホームの自慢です。

    0 Comments