PGSホーム情報まとめ

PGSホーム自慢のセラチタンを用いた工事

Written on   By   in Uncategorized

外壁塗装をはじめさまざまな住宅リフォーム工事を行っているPGSホームは大阪市東成区を拠点に企業活動を続けています。1983年に創業したPGSホームは長年住宅リフォーム業に携わってきましたし、経験に基づいた実績が大きな自慢と言えるでしょう。クライアントに寄り添って最善のリフォーム工事を提案する姿勢に定評がありますし、このスタンスを押し通してきたことで業界でも名を挙げてきました。現在では大阪だけでなく関東圏や東海エリアでも数多くの工事を手掛けるようになりましたし、順調に事業の規模を大きくしています。

住宅の塗装工事はPGSホームが得意とする工事の一つですが、驚異の新素材と言われるセラチタンを用いた工事が人気を集めています。さまざまな特徴と魅力があるセラチタンは建物の外装を新築当初のように蘇らせることができると話題ですし、一度の手入れで長期間メンテナンスが必要ないというのも魅力的な部分です。また、見た目だけでなく断熱効果のある素材ですから夏は涼しく冬は暖かいですし、防音効果も期待できるなどまさに驚異の新素材と言って差し支えないでしょう。居住性をより快適にしてくれる新しい塗料です。

PGSホームのセラチタンを用いた塗装工事は人気がありますし、これまで大勢のクライアントの建物に工事を行ってきました。もちろん、PGSホームではセラチタンのみの工事を行っているわけではありませんし、ほかにもさまざまな塗料を使った工事が可能です。塗装工事についてもいきなり工事をスタートさせるのではなく事前の診断や打ち合わせなどもしっかりと行っていますし、クライアントに寄り添った工事を提供するのがPGSホームのモットーです。

従来の弾性塗料だと年月が経つにつれてひび割れを起こすことが多いのですが、PGSホームが使っているセラチタンだと微弾性のためクラックが起きにくいというメリットもあります。長持ちしますからメンテナンス性が良いですし、長きに渡って美しい外観を保持できるでしょう。また、光触媒仕上げのため汚れがつきにくいのも特徴でありメリットです。高級感ある仕上がりにすることができますし、ご近所の住宅と差をつけたいと考えている方にもピッタリの素材ではないでしょうか。PGSホームのセラチタンは今後も多くの住宅塗装工事で使用されるようになるでしょうし、いずれはスタンダードとなるかもしれません。今から注目しておいて損はないでしょう。