PGSホーム情報まとめ

PGSホームのスーパーチタンプロテクト

Written on   By   in Uncategorized

1983年から長きに渡って住宅リフォーム工事を行ってきたPGSホームですが、現在では関西エリアだけでなく関東や中京エリアにも商圏を広げています。全国の至るところで工事を行っていますし、現在でもなお発展を続ける将来性豊かな企業と言えるでしょう。テレビコマーシャルやメディアで取り上げられることも少なくありませんし、知名度、認知度共に抜群の企業です。ここでは、そんなPGSホームの事業内容についてご紹介したいと思いますが、もっとも代表的な工事の一つである住宅ペイントについてお伝えしましょう。

PGSホームは住宅ペイント、すなわち住宅塗装工事も手掛けています。建物の塗装はいつまでも持つものではありませんし、年月が経つにつれて劣化は進んでいきます。劣化したまま放置しておくと外部からの浸水を招く恐れもありますし、何より外観の見た目が良くありません。放置しておけばおくほど状況は悪くなってしまいますから、なるべく早く対処することが浸食を食い止めるためには大切なことです。PGSホームはこれまであらゆる建物のペイント工事を行ってきましたし、幅広い対応力と技術力で数多くの工事をこなしてきました。

PGSホームが行う住宅ペイント工事の特徴として、スーパーチタンプロテクトが用いられていることが挙げられます。このスーパーチタンプロテクトはPGSホームが独自に開発した塗料で、光触媒仕上げ塗料とも呼ばれています。従来の塗料に比べてあらゆる面で優れており、防水性や防カビ性、抗菌性があるほか汚れを防ぎ埃がつきにくいというのも大きな特徴です。紫外線を約70%カットできるという実験結果もありますし、紫外線による外壁の劣化を防ぐことも可能でしょう。

PGSホームが使用しているスーパーチタンプロテクトは柔軟性があるためさまざまな外壁材に使用することが可能です。塗料によっては外壁材を選ぶこともありますが、PGSホームの光触媒塗料だとそのようなことはありません。サイディングはもちろんシーリングにも使用できますし、タイル外壁の目地にも光触媒作用が機能します。住宅をより長持ちさせることができる塗料として注目を集めていますから、今後PGSホームのスーパーチタンプロテクトはさらに注目を集めるでしょう。同社の住宅ペイント工事は事前に綿密なミーティングを複数回行いますし、すぐに工事を開始することもありません。じっくりと検討してから工事するかどうかを決められます。